フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

チューナー関連リンク

« SONY ST-5000F 修理調整記録8 | トップページ | TRIO KT-7500 修理調整記録5 »

2024年2月 4日 (日)

SONY ST-S555ES 修理調整記録2

 ・2023年12月、555ESの故障機が届きました
 ・専用の音声信号ケーブルも同梱されていました
 ・以下、作業記録です

555es08_20240204084201

■製品情報--------------------------------------------------

 ・オーディオ懐古録 SONY ST-S555ES FM STEREO TUNER ¥65,000
 ・オーディオの足跡 SONY ST-S555ES ¥65,000(1982年頃)
 ・Hifi Engine Sony ST-S555ES FM Stereo Tuner (1982-87)

555es02_20240204084101555es14_20240204084201

 ・555ESと555ESX、型番は似ていますが中身は別物です
 ・555ES → ST-J75やST-JX8とほぼ同じ構造
 ・555ESX → その後の333シリーズに繋がる基本形

■動作確認--------------------------------------------------

 ・外装に目立つキズは無いが全体に経年の汚れ
 ・放熱口から内部を覗くと大量のホコリが見える
 ・さて、テスト環境に設置してFM局の受信を試行
 ・付属の専用ケーブルを介してアンプに接続
 ・電源オンで周波数など表示部点灯、文字欠けや文字痩せはない
 ・各切換ボタンの操作に応じて表示内容は切り換るが、、
 ・オート選局ではすべてのFM局を素通りして受信不可
 ・マニュアル選局でも同様に受信不可
 ・MUTINGオフでも受信不可
 ・アンテナ切換 A/B どちらも受信不可
 ・IF BAND Wide/Narrow ともに受信不可
 ・唯一REC CALトーンだけは聞こえました

■内部確認--------------------------------------------------

 ・基板上の大量のホコリが堆積している
 ・まずは掃除機で吸い取り、さらにエアと刷毛で丹念に清掃
 ・部品交換歴は無さそうなので多分オリジナル状態です
 ・アンテナ2系統:B系は-20dBのアッテネーターをON/OFF可能
 ・フロントエンドは5連バリキャップのパッケージ品
  ・IF段:WIDE/NARROW切換式、Sメーター専用回路あり
  ・FM同調点検出:LA1235(クアドラチュア検波)
  ・検波部:レシオ検波
  ・復調部:uPC1223C
 ・テストポイント(TP3)でVT電圧確認 → 0v
 ・76MHz~90MHz区間全域でVT電圧=0v 変化なし
 ・これでは受信できるはずないですね

555es00_20240204084201

■修理記録:VR601交換---------------------------------------

 ・まず最初に電源系統の電圧チェック
 ・すべてのヒューズ抵抗確認 → 異常なし
 ・続いてTP3(PLL) でVT電圧確認
 ・本来なら76MHz → 1.8v
 ・ところが 0.2vを示したまま76MHz~90MHz全区間で変化しない
 ・原因究明のためまずはPLL回路の点検からスタート
 ・IC601(CX778A) → Q601(2SK30A) → Q602(2SC1362)
 ・調査の結果 RT601(102)の抵抗値が無限大、断線状態でした
 ・これを同値の半固定抵抗に交換したところ
 ・VT電圧が出現し規定値に設定できました
 ・外形サイズが違うので足を細工して取付けました
 ・後述の調整作業でFM受信できるようになりました
 ・RT601は見た目も回転フィーリングも問題ないのに故障でした

555es20_20240204084401555es21_20240204084401555es22_20240204084401555es23555es24_20240204084401

 ・実は、、今回と全く同じ故障事例が過去にありました
 ・SONY ST-JX8 修理調整記録3 2023年4月30日記事
 ・同じPLL回路の同じ半固定抵抗の故障、これは偶然か??
 ・ST-JX8(1981)、ST-S555ES(1982)
 ・両機の製造時期はほぼ同じなので
 ・同じ製造ロットの部品が使われていたかも?

■修理記録:黒ずんだICの足を磨く----------------------------

 ・上記修理によってFM放送を受信できるようになりました
 ・後述の調整手順もすべてクリアできました
 ・しかし受信中に「ザザッ、、ザザッ、」と雑音不定期に混入します
 ・WaveSpectraの波形でベースラインが上下する動きに連動するよう
 ・この手の雑音は発生源を探すのが厄介です
 ・まず最初にアースバーのハンダクラック対策
   →目視で分かるクラックは無いが念のため全個所再ハンダ
   →効果なし
 ・すべてのハンダ箇所をルーペで観察
   →目視で分かるクラック無し
 ・真っ黒に変色したICやTRの足を磨く(マイグレーション対策)
   →IC103(TL071CP),IC203,IC204(TL072CP)→ 効果なし
   →IC605(TMS1024NLL)→ ★当たり!
   →雑音が解消しWaveSpectraの波形もキレイに安定しました
   →暗黒物質が電源ラインかGNDラインに影響していたか?
 ・その他の黒ずんだパーツの足も磨いておきました
   →IC103(TL071CP),IC203(TL072CP),IC204(NE5532P),IC602(761A)
 ・足の磨き方
  →足の表面はエレクトロニッククリーナーを噴射して歯ブラシで磨く
  →裏側は100円ショップで買えるSSサイズの「歯間ブラシ」で磨く

555es25_20240204084601555es26_20240204084501555es27_20240204084501555es28555es29_20240204084601

■調整記録--------------------------------------------------

【VT電圧調整】
 ・TP3 → 電圧計セット
 ・76MHz → RT601調整 → 1.8v
【FM同調点調整】LA1235クアドラチュア検波
 ・R127両端 → 電圧計セット
 ・83MHz受信 → IFT101調整 → 電圧0v
【フロントエンド調整】
 ・LA1235 13ピン → 電圧計セット(Sメーター電圧)
 ・83MHz受信 → トリマコンデンサ(2個)調整 → 電圧最大
【レシオ検波調整】
 ・TP1 → 電圧計セット
 ・音声出力 → WaveSpectra観測
 ・83MHz受信 → IFT102(黒)調整 → 電圧0v
 ・83MHz受信 → IFT102(赤)調整 → 高調波歪最小
【シグナルインジケーター点灯調整】
 ・RT301,RT302,RT303 → 反時計回りに回しきる
 ・83MHz,55dB受信 → RT301調整 → 点灯レベル 5
 ・83MHz,55dB受信 → RT302調整 → 点灯レベル 6
 ・83MHz,80dB受信 → RT303調整 → 点灯レベル10
【MUTING調整】
 ・IF BAND → WIDE
 ・83MHz,20dB → RT202調整 → MUTING作動位置
 ・IF BAND → NARROW
 ・83MHz,20dB → RT101調整 → MUTING作動位置
【VCO調整】
 ・TP2 → 周波数カウンタ接続
 ・83MHz(無変調)受信 → RT203調整 → 76kHz
 ※TP2に代えてR228左足で測定
【パイロットキャンセル調整】
 ・音声出力 → WaveSpectra観測
 ・83MHz受信 →L201,RT202調整 → 19kHz成分最小
【セパレーション調整】
 ・音声出力 → WaveSpectra観測
 ・83MHz受信 → RT201調整 → Lch信号最小
 ・83MHz受信 → RT251調整 → Rch信号最小
【オーディオ出力調整】
 ・R215左足 → AC電圧計セット
 ・83MHz受信 → RT204調整 → Lch 0.775v
 ・R265右足 → AC電圧計セット
 ・83MHz受信 → RT254調整 → Rch 0.775v
【CAL TONE調整】
 ・83MHz調整 → RT401調整 → -6dB / 398Hz

555es30_20240204084201

■試聴------------------------------------------------------

 ・セパレーション値は左右とも60dB超、とても優秀です。
 ・ただ専用のACTケーブルの効果は、よく分かりません?

555es03_20240204084201

« SONY ST-5000F 修理調整記録8 | トップページ | TRIO KT-7500 修理調整記録5 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

ソニーチューナーST-S333ESGの周波数のずれと使用中に急に雑音と電源が切れます。
基盤のバワーサプライ部分に焦げた様子が認められます。修理をお願いできますか?費用はどのぐらいかかりますか?

左サイドバーの私のプロフィールをご覧ください。

修理の受付はしていませんが、故障品として寄付していただければ趣味で修理調整にチャレンジします。ただ直せる保証はありません。さらに壊してしまう危険も伴います。首尾よく修理完了した場合はお返ししています。休日の趣味作業なので費用は無料です。

専門家による有償修理をご希望でしたら、リンク先の「ひろくんのホームページ」をご紹介します。大切な機種の場合は慎重にご検討ください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SONY ST-5000F 修理調整記録8 | トップページ | TRIO KT-7500 修理調整記録5 »