フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

チューナー関連リンク

« TRiO KT-1100 修理調整記録14 | トップページ | KENWOOD D-3300T 修理調整記録10 »

2024年4月21日 (日)

SONY ST-S333ESA 修理調整記録5

 ・2024年2月、シャンパンゴールドの333ESAが届きました
 ・FM受信時に不具合がいろいろあって実用にならないそうです
 ・以下、作業記録です

333esa05_20240421083101

■製品情報--------------------------------------------------

 ・オーディオの足跡 SONY ST-S333ESA ¥55,000(1991年発売)
 ・Hifi engine SONY ST-770ES FM Stereo / FM-AM Tuner (1991-92)

333esa02_20240421082801333esa10

■動作確認--------------------------------------------------

【提供者様からの不具合情報】
 ・全体的に受信状態が悪い
 ・フロント部分の扉を開閉するとシグナルメーターが上昇、すぐに戻る
 ・常に放送のない周波数にてシグナルメーターが3つほど点灯している
 ・STEREOインジケーターが点灯しない
 ・ボソッ、ボソッと不定期にノイズが入る

【当方での確認事項】
 ・フロントパネルと天板はほぼ無傷
 ・ただサイドウッド角部に突板の割れ欠損、剥がれが目立ちます
 ・突板が浮いている個所は木工ボンドで補修しておきました
 ・さて、FMアンテナを接続して電源オン
 ・表示部が明るく点灯、文字欠けや輝度劣化は感じられない
 ・IF BANDやRF切換などボタン操作に応じてインジケーター点灯OK
 ・しかしオート選局で名古屋地区のFM局をすべて素通り受信不可
 ・MUTINGオフにすると受信OK、周波数ズレなし
 ・でもSTEREOインジケーター点灯しない
 ・シグナルインジケーターが常時三つ点灯したまま
 ・ボディを軽く叩くとシグナルインジケーターの点灯具合が変化する
 ・受信中に「ボソッ、ボソッ」と不規則な雑音が混入する
 ・出力端子に繋いだ音声コードに触れると音が途切れる
 ・適当なAMループアンテナで名古屋地区のAM局をテスト受信
 ・AMはオート選局で受信OKでした

■内部点検--------------------------------------------------

 ・部品交換歴は無さそう、オリジナル状態だと思います
 ・アースバーを指で触るとグラグラの箇所あり
 ・このときシグナルインジケーターの点灯具合が変動する
 ・ハンダ面を見るとアースバーにハンダクラック多数
 ・すべてのヒューズ抵抗チェック、異常値を示す部品なし
 ・まずは調整手順に従ってFM同調点とフロントエンドを仮調整
  →IFT251調整 → FM同調点OK
  →CT101,CT102,CT103調整 → 最大電圧がビシッと決まらない
 ・シグナルインジケーター点灯レベル調整 → RV241
 ・RV241を最大回してもインジケーターは半分程度しか点灯しない
 ・受信感度自体が落ちているようです
 ・CT271に触れるとガサガサノイズ発生

333esa00

■修理記録:ハンダクラック修正------------------------------

 ・特にLA1235近くのアースバーがグラグラ状態です
 ・これを含めすべてのアースバーのハンダ付けをやり直し
 ・続いて音声端子とアンテナ端子のハンダ割れも修正しました
 ・背面パネルを取り外すと補修作業や容易になります

333esa31_20240421082801333esa32_20240421082801

■修理記録:フロントエンドのトリマコンデンサ交換------------

 ・最大電圧がビシッと決まらないトリマを全数交換しました
 ・フロントエンド:トリマコンデンサCT101,CT102,CT103(10pF)交換
 ・調整後はシグナルインジケーターがフル点灯するようになりました

333esa40_20240421082801333esa41_20240421082801

■修理記録:PLL検波回路のトリマコンデンサ交換---------------

 ・CT271に触れるだけでガサガサノイズが発生する
 ・繰り返しグリグリ回してもノイズは解消しない
 ・新しいトリマコンデンサ(20pF)に交換
 ・ガサガサノイズは解消して気持ちよく調整できました
 ・パーツリストを見ても容量不明ですが 20pF で良さそうです

333esa50_20240421082801333esa51_20240421082801

■修理記録:キャパシタ交換----------------------------------

 ・放送局をメモリー登録しても翌日には消失している
 ・キャパシタ:C605(0.1F/5.5V) → 1F/5.5V 交換 
 ・タンタルC604(10uF/6.3v)→ 電解コンデンサ(10uF/50v)交換

333esa60_20240421082801333esa61_20240421082801
333esa63

■調整記録--------------------------------------------------

【FM同調点調整】
 ・IF BAND = WIDE
 ・IC251(LA1235)7pin~10pin間電圧計セット
 ・83MHz受信 → IFT251調整 → 電圧ゼロ
【VT電圧調整】
 ・フロントエンド内JW8 電圧計セット
 ・アンテナ入力なし
 ・90MHz → L104調整 → 21.0V±0.2V ※調整前実測21.1V
 ・76MHz → 確認のみ → 8.0V±1.0V ※調整前実測 8.1V
【トラッキング調整】
 ・IF BAND = NARROW
 ・IC251(LA1235) 13pin(又はR261右足)電圧計セット
 ・90MHz受信 → CT101,CT102,CT103 → 電圧最大
 ・76MHz受信 → L101,L102,L103 → 電圧最大
【PLL検波調整】
 ・IF BAND = WIDE
 ・TP201を短絡 ※これによってIF回路をパス
 ・TP271 電圧計セット
 ・IFT272調整 → 電圧ゼロ ※調整前実測+4.2V
 ・CT271調整 → 歪最小 ※Wavespectraにて波形確認
 ・TP201を開放
【IF歪調整】
 ・IF BAND = WIDE
 ・MUTING = OFF
 ・IC251(LA1235) 13pin(又はR261右足)電圧計セット
 ・RV201、RV202 時計回り一杯に回す
 ・SSG出力40dBモノラル信号送信
  ・IFT201調整 → 電圧最大
 ・SSG出力40dBステレオ信号送信
  ・IFT202調整 → 電圧最大
  ・IFT101調整 → 電圧最大 ※IFT101フロントエンド内
 ・RV201、RV202 回転範囲の中央位置に回す
 ・SSG出力80dBモノラル信号送信
  ・IFT203調整 → 歪最小へ
 ・SSG出力80dBステレオ信号送信
  ・IFT204調整 → 歪最小へ
【STEREOインジケータ調整】
 ・IF BAND = WIDE
 ・MUTING = OFF
 ・SSG83MHz 出力20dB
 ・RV251調整 → ステレオインジケータ点灯
【MUTINGレベル調整】
 ・IF BAND = WIDE
  ・MUTING = ON
  ・SSG83MHz 出力25dB
  ・RV252調整 → MUTING調整
【IF NARROWゲイン調整】
 ・IF BAND = NARROW
  ・RV203調整 → NARROWゲイン調整
【Sメーター調整】
 ・RV241調整
【パイロットキャンセル】
 ・RV303、L301 19kHz信号漏れ最小 左右バランス確認
【セパレーション調整】
 ・RV301 R→L ※調整後実測62dB
 ・RV302 L→R ※調整後実測65dB
【CAL TONE】
 ・Peak Level-6dB 398Hzの波形が出ていました。
【AM調整】
 ・RV401 Sメーター調整
 ・RV402 AUTOSTOP調整

333esa70_20240421083001

■試聴------------------------------------------------------

 ・当初の不具合はすべて解消しました
 ・シグナルインジケーターがフル点灯、STEREOインジケータの点灯
 ・FM/AMとも気持ちよく受信できています

333esa04_20240421083001

note BLUESS Laboratory

« TRiO KT-1100 修理調整記録14 | トップページ | KENWOOD D-3300T 修理調整記録10 »

ピュアオーディオ」カテゴリの記事

コメント

先日はありがとうございました。
修理していただいてから、不具合が解消し
いい音で聴けるようになりました。
休み前の夜、FM放送を聴くのが一番の楽しみです。

修理調整後の333ESAが無事に動作しているようで安心しました。
シャンパンゴールドのフロントパネルがカッコイイですね。
さらに光沢あるサイドウッドとの調和美がとてもステキです。

sonyのST-S333ESjです。
AM受信では、アンテナメーターの棒が全部立ちますが、FM受信では、アンテナメーターの棒が数本しか表示しません。修理できますか。
ご連絡をお待ちしております。

SONY ST-S333ESJ。
・シグナルインジケーターがフル点灯、STEREOインジケータの点灯
 ・FM/AMとも気持ちよく受信できています。
しかし、FM受信では、メーターの棒が半分しか出ません。
修理できますか。
ご連絡をお待ちしております。

SONY ST-S333ESJ。
・シグナルインジケーターがフル点灯、STEREOインジケータの点灯
 ・FM/AMとも気持ちよく受信できています。
しかし、FM受信では、メーターの棒が半分しか出ません。
修理できますか。
ご連絡をお待ちしております。

はじめまして。
ブルースさんの修理記に感化され、ヤフオクにてソニーST-S333ESAを手に入れたのですが残念ながら本調子ではないようです。
修理調整お願いできないでしょうか?
不具合点
シグナルインジケーターがフル点灯しない。
ダイレクトにするとさらに点灯しない。
さらにワイドにすると全く点灯しなくなり雑音も入る。
もちろん修理不能で完全に壊れてもかまいませんです。
よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TRiO KT-1100 修理調整記録14 | トップページ | KENWOOD D-3300T 修理調整記録10 »